XMTradingの出金方法について

海外FX

XMTradingは日本人人気No.1の海外FX業者なので、利用を考えている方も多いでしょう。

完全日本語対応はもちろん、最大レバレッジも888倍と高いですし口座開設・入金ボーナスも用意されているため、初めて利用するにはピッタリの業者です。

ですが中には、

『出金方法によって何が違うの?』
『どうやって出金したら良いの?』

と感じている方も多いでしょう。

 

そこで今回は、XMTradingの出金方法について分かりやすくまとめていきます。

出金限度額や着金時間・出金ルールなども解説していくので、参考にして下さい。

 

※出金拒否されないか不安な方は、以下の記事を参考にして下さい。

海外FXの出金拒否について
海外FXはハイレバレッジかつ豊富なボーナスが魅力的なので、国内ではなく海外FXをメインにしている方も増えていると思います。 また1万円程度でもレバレッジを高くすれば大きなトレードが可能なので、FX経験の浅い方にも利用しやすくなっていま...

 

XMTradingの出金方法一覧

まずは、XMTradingの出金方法について一覧表でまとめました。

出金方法 最低
出金額
出金
限度額
利益
出金
着金
時間
銀行送金 1万円 制限なし 可能 2~
5営業日
VISA
JCB
500円 入金額まで 不可 1週間~
2ヶ月
Bitwallet 500円 入金額まで 不可 24時間
以内
STICPAY 500円 入金額まで 不可 24時間
以内
BXONE 500円 入金額まで 不可 24時間
以内

※左右にスクロールします。

 

Bitwallet・STICPAY・BXONEについては、どれもオンラインウォレットです。

最初にアカウント開設・本人確認といった手間がかかるものの、着金時間も早いですし他の海外FX業者を利用する場合に便利な出金方法となっています。

そのためまず海外FXに慣れてきたら、開設しておくのが便利です。

 

そして、銀行送金とそれ以外の出金方法では大きな違いがあります。

それは、

  • 出金限度額
  • 利益分の出金

この2つです。

あとで説明しますが、トレードによる利益分は銀行送金で出金する必要があります。

それ以外の方法では入金額と同額を出金するしか出来ません。

 

XMTradingからの出金時の注意点

次は、出金時に覚えておきたい注意点についてです。

これについては、

  1. 入金方法と同じ出金方法を選ぶ
  2. 利益分は銀行送金で出金する
  3. 出金の優先順位を守る
  4. ポジション保有中は制限がある
  5. 一部の銀行へは出金できない
  6. ボーナスは出金できない
  7. 出金額に応じてボーナスが消滅する

この7つです。

 

では、1つずつまとめていきます。

<1.入金方法と同じ出金方法を選ぶ>

これはXMTradingに限らず全ての海外FX業者における注意点です。

マネーロンダリング対策のため、入金時と同じ方法で出金する必要があります。

つまり、

  • 入金時:クレジットカード
  • 出金時:オンラインウォレット

こういった出金はできないので注意が必要です。

 

<2.利益分は銀行送金で出金する>

上記の原則はありますが、利益分については別です。

利益分の出金は銀行送金のみ可能となっています。

 

例えばクレジットカードで10万円入金をして、15万円になったとします。

その場合は、

  • クレジットカード:10万円
  • 銀行送金:5万円

このように分けて出金する必要があります。

これについても、ほとんどの海外FX業者で同じルールがあります。

 

<3.出金の優先順位を守る>

先ほどは入金方法が1種類でしたが、2種類以上だと少しややこしいです。

 

XMTradingの出金優先順位

  1. クレジットカード
  2. オンラインウォレット
  3. 銀行送金

 

なので、クレジットカード・Bitwalletで10万円ずつ入金して、5万円減ったとします。

その場合は、

  • クレジットカード:10万円
  • オンラインウォレット:5万円

このように出金する必要があります。

オンラインウォレットに10万円出金する事はできませんので、注意して下さい。

 

<4.ポジション保有中は制限がある>

XMTradingでは、まだ決済していないポジションがあっても出金は可能です。

ですがこの時は、証拠金維持率150%以上をキープしないとダメです。

 

なので例えば、

  • 有効証拠金:200万円
  • 必要証拠金:100万円
  • 証拠金維持率:200%

こういう状態ならOKですが、

  • 有効証拠金:140万円
  • 必要証拠金:100万円
  • 証拠金維持率:140%

こういう状態になると証拠金維持率が150%以下になっているので、出金が認められません。

 

ちなみに必要証拠金については、XMTradingのFXツールにて詳しく計算出来ます。

ポジション保有中に出金する場合は、出金後の証拠金維持率にも注意して下さい。

 

<5.一部の銀行へは出金できない>

XMTradingでは銀行送金による出金も可能ですが、銀行によっては出金不可となります。

主に出金できない銀行は、

  • みずほ銀行(ネット支店のみNG)
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行

これらの銀行です。

また他にも『SWIFTコード』という統一金融機関コードの無い銀行もNGとなります。

 

SWIFTコードについては、Wikipediaに詳しくまとめられています。

日本の金融機関のSWIFTコード一覧 - Wikipedia

 

<6.ボーナスは出金できない>

これもXMTradingに限った話ではありません。

XMTradingでは

  • 口座開設ボーナス:3,000円
  • 入金ボーナス:最大5,000ドル

これらが貰えますが、これを出金する事は出来ません。

 

ボーナスはあくまでトレードに利用するために貰うものだからです。

ですが、ボーナスを使って得た利益なら出金が可能です。

 

<7.出金額に応じてボーナスが消滅する>

どの海外FX業者でも、出金すれば残っているボーナスは消滅します。

具体的には、

  1. 出金額に応じてボーナスが消滅
  2. 出金額に関係なくボーナスが消滅

このどちらかに該当します。

 

XMTradingの場合は『1』に該当します。

『出金額の割合=消滅するボーナス額』

となるので、全体の50%を出金すればボーナスも50%消滅するという事です。

そのため、ボーナスが残っている状態でも出金には注意する必要があります。

XMTradingからの出金手順

次は、実際にXMTradingから出金する手順を説明していきます。

とはいっても、画面の指示に従って進めれば難しいことは何もありません。

※今回はPC画面で説明していきますが、スマホ版でも流れは同じです。

 

ただ出金方法によって少し手順が異なるので、分けて説明していきます。

まずは、オンラインウォレットへの出金です。

オンラインウォレットへの出金方法

オンラインウォレットへ出金する場合は、まずマイページへログインします。

そして『資金の出金』をクリックします。

 

 

すると出金方法一覧の画面が出てきます。

ここには現時点で選択できる出金方法が出てきますが、今回は『STICPAY』の下にある出金ボタンをクリックします。

 

すると出金額の入力画面が出てきます。

ここに出金額を入力した上で、確認のチェックを入れて『リクエスト』をクリックします。

ちなみにオンラインウォレット出金では『500円~入金額』が最低出金額となっています。

 

これで出金申請が完了となります。

後はXMTrading側に審査してもらい、着金を待つだけとなります。

オンラインウォレットの場合は、出金申請から24時間以内に着金します。

銀行送金による出金手順

次は、銀行送金を利用する場合です。

これも途中までは同じで、まずマイページから『資金の出金』をクリックします。

 

ここで出金方法一覧が出てくるので『International Wire Transfer』の下にある出金ボタンをクリックします。

 

銀行送金では、ここから出金先情報や氏名などを入力します。

まずは受取人の氏名・住所・銀行口座番号などを入力します。

入力する内容としては、

  • フルネーム:Tarou Suzuki
  • 住所:英語表記の住所
  • 銀行口座番号:通常の口座番号

これらの3つです。

 

英語表記の住所については、以下のサービスを使えばコピペが可能です。

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

 

次に、受取人銀行について入力します。

入力する情報としては、

  • SWIFTコード:各銀行に割り振られた番号
  • 銀行所在地:英語表記の住所
  • 支店コード:数字をそのまま入力
  • 支店名:英語表記

この4種類と、銀行名をプルダウンから選択します。

 

SWIFTコードと銀行所在地については、以下のURLから調べるのが手っ取り早いです。

日本の金融機関のSWIFTコード一覧 - Wikipedia

 

最後に出金額を入力し、確認のチェックを入れて『リクエスト』をクリックします。

銀行送金については最低出金額が1万円~となっているので、それ以上の金額を入力しましょう。

 

ここまで終われば、2~5営業日ほどで指定した銀行へ着金します。

 まとめ

少し長くなったので、最後にサクッとおさらいしておきます。

 

<XMTradingで利用できる出金方法一覧>

出金方法 最低
出金額
出金
限度額
利益
出金
着金
時間
銀行送金 1万円 制限なし 可能 2~
5営業日
VISA
JCB
500円 入金額まで 不可 1週間~
2ヶ月
Bitwallet 500円 入金額まで 不可 24時間
以内
STICPAY 500円 入金額まで 不可 24時間
以内
BXONE 500円 入金額まで 不可 24時間
以内

※左右にスクロールします。

 

<XMTrading出金時の注意点>

  1. 入金方法と同じ出金方法を選ぶ
  2. 利益分は銀行送金で出金する
  3. 出金の優先順位を守る
  4. ポジション保有中は制限がある
  5. 一部の銀行へは出金できない
  6. ボーナスは出金できない
  7. 出金額に応じてボーナスが消滅する

 

<銀行送金を利用するときの便利サイト>

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。
日本の金融機関のSWIFTコード一覧 - Wikipedia

 

出金ルールについては少し複雑ですが、覚えられないほどではありません。

海外FXに慣れてくれば問題ないはずなので、まずは実際にトレードをして利益分を出金してみましょう。

 

XMTrading関連の記事はこちらにもあります。

XMTrading
「XMTrading」の記事一覧です。

こんな記事も読まれています

  1. GEMFOREXの出金方法について
  2. XMTradingの入金方法
  3. 海外FXの確定申告について
  4. 海外FXの出金拒否について
タイトルとURLをコピーしました